てんのブログ

仕事やプライベートをネタにしてマイペースに書くブログ

入院五日目

入院五日目ですが、昨晩のクランプの結果を見るためにレントゲンを撮りました。

 

結果は...問題なし。肺は膨らんだままだから穴もふさがってます。

明日退院しましょう。とのこと。やったね!

 

この日は退院の準備にてんてこまい。

 

まず診断書の作成を先生にお願いした。 会社へ入院期間を休暇で申請するときにエビデンスにします。3千円くらいかかるけれど入院期間を有給にできるのだから大事です。

 

先生が気を遣ってくれて、診断書に記載する入院期間をどうするか病室に聞きに来てくれました。

 

「入院期間は○/○ - ×/×ですね。1週間おつかれさまでした。退院後1週間は自宅療養って書いておこうか?」

 

ありがたいお言葉。1週間は自宅療養を必要とすると書いていただけました。人事とうまく交渉すれば来週一杯休めるかも。

 

医師の診断書は人事部と有給の交渉するときにエビデンスとなるものです。水戸黄門様の印籠のように輝いてました。

 

そのあと治療費の支払いついて調べました。 

 

今回は治療費の自己負担額がざっと10万ちょい。

気胸の手術していたら30万近くになるらしい。

リーマンには安くない額ですね。

 

加入している健康保険組合のホームページをチェックした。

治療費が一定額を超えると高額医療費の支援対象になるとのこと。

控除額は月給に応じて指定されてます。

 

計算したら治療費の自己負担を約8万まで減らせる。

高額医療費認定証を事前に用意して病院窓口で控除してもらうか、健康保険組合から後日控除してもらうかどちらかだそう。

 

退院が明日だと事前に認定証を用意する時間がないので、窓口負担は全額払って、健保から後日控除してもらうことにしました。

 

あと、荷造りをして退院の準備ができた。

 

看護師さん達とも今晩でサラバ。。

 病棟ではおおきなワゴンを押しながら病室を回る看護師さん。

体力勝負になるので若くてパワフルな看護師さんばかりでした。

 

旅館ならまた来ます、と言えるけれどここは病院です。

もう入院しないように健康を大事にします、と挨拶しました。

 

またお世話になりたいなとも思いましたが。笑